トップページ > 買取の際の評価の仕方

買取の際の評価の仕方

絵本・児童書買取をしてもらう際には、本の状態がチェックされます。たとえば、新品同様のものは問題なく評価されると考えていいでしょう。ただし中古であるという扱いには違いはないので、キレイな状態であれば新品でなくても、それに準ずる扱いをしてもらえると考えていいでしょう。そこから、傷や汚れの数や大きさによって評価が落ちていくのです。

経年劣化については、中古としてあたり前のことだと言えます。読むのに支障がない程度であれば、あとはシミや傷みなどが問題になります。それに対して、破けていたり、大きなシミ、汚れがついているものなどは、状態の悪いものとして評価されることになるのです。業者によっても違いはありますが、可能な限りキレイな状態であることが望ましいのです。

関連エントリー
絵本・児童書買取について
新古書店や古本屋での買取
専門店での絵本・児童書買取
高値で買取をしてもらう方法
児童書買取をしてくれる専門店
絵本・児童書買取のポイント
専門店に頼むメリット
買取の際の評価の仕方
大手新古書チェーン店
専門店に依頼する方法